FC2ブログ

独逸発! あや太郎新聞

欧州での9年に及ぶ様々な経験を得意の毒舌を生かし、斜め左から書き綴っていきたいと思います。そして私が小学生のころ、学級新聞として書いていた「あや太郎新聞」をここで復活させたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポルトアーベントの次の日は、どうやら片付けに追われるからだろうけど、休みでその次の日に教会で結婚式だった。

初めの結婚式に比べると、まず参加者が少ないし、「証人」はいるだろうけれども(誰だかわからなかった。)「従者」はいなくて、割合「地味婚」だったが、落ち着いたいい結婚式だった。 再婚同士だからもあるだろう。

しかし、マルティナちゃんは気が抜けているのか、まず、お祝いで渡す花束を朝、車で取りに行って、疲れたのかその後ボーッとしていたために、着替えるタイミングを逃して普段着で参加する羽目に。

私はさっさと初めのうちに着替えていたので良かったものの、マルティナちゃんのボケボケっぷりにお母さん激怒。

「お前は何やってるのー?!時間無いのにボーッとテレビ見てるんじゃない!!もういいからそのまま来なさい!時間が無い!!}

ごぶち切れていた。またもやペナルティーとしてマルティナは平服で結婚式参加となった。

お母さんはかなり切れてガミガミ言っていたが、流石に出発前に

「もう、あんたに怒るのは疲れたから知らない。勝手にしなさい。」

と悟りに達していた。
親戚づきあいは大切にした方がいいのでは・・・と私ですらマルティナちゃんに突っ込みたい所であった。

教会でミサが終わると米が渡され、噂に聞くライスシャワーをみんなで実演。でもブーケを投げたりはしなかった。日本だけの習慣だろうか? と思ったが、先日、友達が別の結婚式で受け取り損ねたと言っていた。結婚式によって違うようだ。

この日もその後、結婚パーティーにみんな向かったが、マルティナちゃんが友達に会う予定があったので、私もそれに一緒に行く為に(何しろ、ポーランドでは言葉が通じないから通訳:マルティナといないと困るのだ。)パーティーには参加しなかった。

ただ、ご両親を迎えに行かないといけないので夜に会場に行くと別の車で来たヤチェクが既に居たのでお役御免であった。お母さんは遂にマルティナに愛想をつかしたらしい。

それでも親切な親戚達は
「せっかく来たのだからパーティーに参加していきなさい!」

と言ってくれたのだが、マルティナちゃんは疲れていて(どうやら騒音が嫌いらしい。)ダウン。
私は日本人なので、空気を読んで、親戚のおじさんとダンスをしていたが、マルティナちゃんは先に帰りたかった様なので、結局それに付き合わされて帰宅。
花嫁に帰り際に挨拶していたら、花嫁が悲しそうな顔をしていた。当たり前だ!!

でもここの会場レストランの食事はおいしかった。
私は前回、おいしそうな鶏肉を取ったら、ナイフとフォークが上手く使えずに解体出来なくてものすごい苦心したので今回、怖くて取れなかったが、野菜スープが結構おいしかった。鶏肉もきっと美味しかったに違いない。残念である。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://hidarushin.blog133.fc2.com/tb.php/10-94aeb41a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。