独逸発! あや太郎新聞

欧州での9年に及ぶ様々な経験を得意の毒舌を生かし、斜め左から書き綴っていきたいと思います。そして私が小学生のころ、学級新聞として書いていた「あや太郎新聞」をここで復活させたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数年、毎年のようにドイツ鉄道が値上げをしたために、乗り合いヒッチハイクのサイトで同じ方面に移動する人を募って車で乗り合いしてガソリン代を割り勘にする移動方法を取る人たちが静かに増えてきている。

これは大体の場合、携帯電話で運転手に連絡を取って、席が空いていたら待ち合わせ場所を指定してもらって乗り合わせて目的地にまで運んでもらう。以前、オランダに頻繁に出かけていた時によくこの方法を利用していた私だが、ここ最近は時間に余裕が無くて寧ろ列車移動の方が多かった。

だが、久しぶりに節約してみようと、フランクフルトからベルンに向かうのに、途中のフライブルグまで15ユーロという設定の乗り合いが存在したので利用する事にした。(今回はフランクフルトからベルンまでの乗り合いが存在しなかった。)

待ち合わせ場所のフランクフルトのガールスヴァルテ という所に行くと、すぐに赤いフォルクスヴァーゲンが目に入った。お陰ですぐに待ち合わせた運転手を見つける事が出来た。

今回は運転手のカップルがミュルーズというフランスの街まで移動するのに便乗して、途中のフライブルグまで乗せてもらう設定だった。

二人とも名前は忘れてしまったが感じのいいカップルで、今までの乗り合いでは気難しい銀行員だとか、実は嫉妬深いテラピストや、出発直後から延々と喧嘩を始めるカップルなんかとも乗り合わせた事がある分、今回の二人の雰囲気の良さに私は内心ホッとしていた。

車はマイクロバスで、中にはなんと台所が設置してあった。
後で分かった事だが、二人はアクセサリーの販売などをしながらあちこちを渡り歩いているジプシーさながらの放浪ヒッピーだった。

移動途中のダルムシュタットでもう一人の乗り合いのメンバーのカロリーヌが乗ってきたのだが、なんと彼女は先週まで研修でイランに居たそうで、かなり大き目のバックパックと、ぱんぱんに荷物を詰めたボストンバッグで車に乗り込んできた。

彼女は車内を一目見て、このカップル達が自分と同族だと見抜いたらしい。
彼女が色々とこの移動生活型マイクロバスについて質問しているうちに、カップルが、

「私たちは住所はベルリンに申請してはいるけど、実はこの車に住んでいて、移動しながら生活しているの。」

と話し出した。大学を卒業した頃から放浪を始めた様なのだが、初めは自転車でキャラバンを組んで時期を決めた移動生活だったのが、思い切ってこのマイクロバスを買って、車内で生活出来るように改造してからは、もう3年も放浪生活を続けているそうである。

今、私とカロリーネが座っている後部座席をずらせばベットになるそうで、さらに天井についている板を延ばせば2段ベットにもなると言う。最大で4人で寝泊りしていた事もあるというからかなりのツワモノヒッピーだ。

内装も良く見ると、私が以前住んでいたヒッピーアパートでも良く見かけるインド綿の布で装飾されていて、見れば見るほど雰囲気にヒッピー臭が漂っていた。

類は友を呼ぶと言うが、私もヒッピーアパートに住んでしまってから、自然にこの世界の人たちと関わりが増えてしまったのかもしれない。

さらにカロリーネ自身が放浪好きな若者で、今まで彼女自身も仲間と車でインドまではるばる旅をした事があるそうだ。カップルたちもインドを訪ねた事があるとお互い盛り上がっていたから、あそこにはヒッピーの聖地があるのかもしれない。

カロリーネの友達には4月にベルンから自転車キャラバンで出発して、バルカン半島を抜けてトルコに入り、今はイランに達している・・・というヘビーな人もいるそうだ。

そういえば、去年、たまたま引越しの関係でヒッピーアパートに1ヶ月戻っていた時に、アパートの地下で自転車のメンテをしている人を見かけたのだが、かなり本格的な自転車だったので、

「どこか遠くに行くの?」

と訪ねると、フランクフルトからポーランド、ウクライナを抜けてロシアに入り、そのままウランバートルを抜けて中国沿岸部か朝鮮半島からフェリーに乗って、最後は日本までたどり着くキャラバン隊を計画していた。

ベルリンのロシア総領事からやっとロシアの滞在許可証が届いたから、早晩出発するという事だったのだが、あれは9月に出発だったから、よく考えるとロシアで冬を越さなければならない旅だから相当ハードだったんじゃなかろうか。

ストリートミュージックをしながらの旅だと話していたが、東欧ではそれほど金になりそうもないし、上手く日本までたどり着いたのだろうか。

それにしてもどれも魅力的な話だ。
カロリーネもたまに大学に戻って同級生達に旅の話をすると皆、羨ましがるそうなのだが、みな口を揃えて、

「いつか時間とまとまったお金が出来たら私もやりたいな!」

と言いはするが、実行する所まで行った人はいないらしい。
それで大学に戻っても、他の人たちとはいまいち感覚が合わなくなって、退屈でまた彼女は旅に出てしまうらしいのだが、

「いつか、じゃなくて、やりたい事は今やらなくちゃ!!若い時にしか時間は余ってないんだから!」

と言うのが彼女の理屈らしい。やり始めてしまえば放浪生活は実際、なんとかなるそうだ。

放浪生活で重要なのは必要最低限のものを選別して持っていく事だが、初めのうちは何が最低限必要なのかの判断が出来なくて無駄な荷物を沢山持ち歩いてた、とカロリーネにつられてカップルも話し始めた。

「でもね、始めた頃は2年が限度だと思って始めたこの放浪生活も、いつの間にかもう3年も経っていたんだよね。どうも中毒性があるみたい。」

という話だった。移動生活が多い私にはなんとなくわかる気もする。

実際、自分自身も移動生活に追われている方が何故か活き活きしている時が多い。

見知らぬ土地ではじめて会う人たちとその生活を知る事はいつでもワクワクさせられるが、いつまでも出来る事では無いのも確かで、それだからこそ、その時間が輝いてしまうのかもしれない。

彼らは完全な「放浪性ヒッピー」だが、カロリーネはどうも「半放浪性ヒッピー」の様だ。たまに大学に戻って研究生活もしているらしい。

この分類だと、あの、私が以前住んでいたアパートにいる連中は「定住性ヒッピー」だ。

しかし、今は「定住性ヒッピー」の、当時の同居人のマルクは、以前はヒッチハイクで日本やブラジルを横断しているから実は「旧・放浪性ヒッピー」だった。日本では長距離トラックの運ちゃんたちがとても親切で、家に招待されて色々美味しいものを食べさせてもらったと以前、話していた。

そういえばインドでは人生の一過点に放浪期というものがあると考えられていると昔、どこかで読んだ。
もしかしたらアーリア系の性なのか、ドイツでも失恋などを期に放浪に出かける話が歌曲などで歌われている。

日本人でも、以前、モスクワの空港で長時間待たなければいけない時に何となく話かけた人が、まとまった期間働いて、そのお金である日、ブラッと旅に出るのが趣味だと話していたから、島国で農耕民族とはいえ、放浪ヒッピー気質の人はいるようだ。

ハシリとしてはそもそも

「旅に病んで 夢は枯野を 駆け巡る」

と時世の句を詠んだ松尾芭蕉が挙げられるだろうか。

そういえば、この間知り合った著名な音楽家の方も、自転車で長距離ツーリングするのがかなり本格的な趣味だとおっしゃっていた。モーゼル河にそって延々と旅をしたり、黒い森を横断したりなさっているそうだが、何と言う偶然か、カロリーネが昔、この方に楽器を師事していたという。やはり、類は友を呼ぶのである。

歌曲に歌われるぐらいだから、人は誰もが、どこか放浪生活に憧れているのだろう。

実際、欧州には本物の定住しない放浪する民であるジプシーが存在するし、時を遡れば狩猟、採集生活をしていた奴らだから、どこか体に放浪生活に対する憧憬が染み付いているのかもしれない。

そうえいばヒッピーアパートの前にある草原にも、一時期、サーカスのキャラバンが生活していた事があった。
彼らはヒッピーアパートから電気や水をもらって生活していたいたらしく、旅立つ時に水と電気代を支払いに来たが、何台ものキャンピングカーに、ガチョウやロバなどの家畜まで連れていたから、あれは真性の放浪ジプシーだったかもしれない。

私はお腹が弱いので、あまりこういった大きな夢は見られないが、放浪とは言えないけれども、いつかドイツから鉄道を使って日本まで旅してみたい・・・などと夢見てはいる。


















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。