独逸発! あや太郎新聞

欧州での9年に及ぶ様々な経験を得意の毒舌を生かし、斜め左から書き綴っていきたいと思います。そして私が小学生のころ、学級新聞として書いていた「あや太郎新聞」をここで復活させたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
yama 2

12月に入る直前辺りから私の生活はほとんど休み無しの上に、ホステルに連泊してよく眠れなかったり、夜行列車で移動しなくてはならなかったり珍しく多忙を極めた。

ところが最後にクリスマスに小さなかわいい教会で演奏させていただいて仕事納めをしたら、パッタリと休日がやってきた。

とりあえず初めの二日間ぐらいは好きな事だけしようと思い、パソコンで前から気になっていた情報を追い掛け回したり、部屋を掃除したり、街に出かけてサボテンを買って殺風景な部屋に緑を取り入れたりしていたが、実は私は前からこの休みにやるべき事を実は溜めに溜め込んでいた。

*まず修士論文のための楽譜の清書と前書きの用意。

*部屋の片付けと整頓。

*オーボエの材の加工、内職

*楽譜の整理と製本

*来年度の各種連絡事項と日程決め

*未だに焦げ付いている各種支払いの催促

などなどだ。読まなければいけない資料や手紙類もある。全部ドイツ語だから決心がいる。(それでも苦手な英語じゃないだけどれだけかなりマシだが。)

それに加えて忙しい最中におろそかになっていた体力づくりも取り組みたい。

忙しいといえど、やってる仕事は数を数えたりたまにオーボエだかオーボエ・ダ・カッチャだかイングリッシュホルンだかを吹いてるだけだから、自覚があるくらい体力は落ちている。

さらにケチケチ根性を発揮しすぎて一時期忙しいのも相まってあまり栄養も取ってなかった。

それで疲れやすくなってきていたのをエネルギードリンクを飲んで無理やり回復させて誤魔化していたら、今度はカフェイン中毒みたいになってきた。 カフェインなしでは作業に取り掛かれないのだ。

これはいくらなんでも流石にまずいので、まずは友達とサウナと温泉に行きカフェインを抜く事にした。

ご近所さんから近くにいいプールがあるという情報ももらったから近々泳ぎにも行くつもりだ。

さらに自宅から遠くに見えている山にいつか登ってみたいと思っていたのだが、山登りもスポーツだ!と思い、このくそ寒いのに登ってきた。

これが中々しんどかった。最後は足がぶるぶるしてきた。

いつか帰省した時に富士山にも登ってみたいと常々思っていたが、あんな小さな山ですら死にそうになるんだから富士山は基礎トレーニング無しには無理だろうとここで自覚した。今のままでは高尾山がせいぜいだろう。

登りが凄まじくきつくて汗まみれになった。山の傾斜が激しい所では踏み出す一歩一歩に疲労が滲み出た。

とはいえ、少しでも足を踏み出せば少くとも少しは前に進む!頂上に近づくんだ!!と根性モードで乗り切ったが、流石に帰宅してから疲れがドッと出た。

帰り道は雪が凍り付いて滑りやすくなっていて危険な事もあり、登山電車を使うか悩んだのだが、4ユーロもするからケチな私には乗れなかった。

それでも山の空気は綺麗だったし、街を見下ろす景色は絶景だったし、いかに体力が落ちているのか自覚するには覿面だった。

これが一昨日の話なのに未だにスネが筋肉痛なくらい体は鈍っていた。

私がゆっくり登っていると、ほぼマラソン状態のおじさんなどが追い越して言ったが、彼なんかは日常的にトレーニングとして登山してそうだ。 春になったらまた私も再び登りにこようと決意した。


それにしても年末だというのに部屋が片付かない。こればかりは今まで成功した事が無いからどうしようもない。とりあえずファイルして書類を分類するという事を始めてみたから、来年度は今までよりも少しはマシにはなるだろう。

そういう訳で、クリスマス・ジルヴェスターの休暇を一人で寂しく過ごすのではなかろうかと心配してくれたヒッピー家族(以前、下宿していた家族)から「遊びにおいでよ!」とお誘いがあったのは中々嬉しかったのだが、案外やる事が多いし、久々に家でゆっくり出来る時間が出来て嬉しいので、このままここで作業を終わらそうかとも思う。

この共同アパートの地下の練習室もクリスマス休暇のお陰で空いていて練習し放題だ。

ちょっと面倒なのがご近所さんで、台所とトイレとシャワーを共用していて、自治みたいになっているのだが、みんなが帰省して全体数が減った分、個々の付き合いが密にならざる得ない。

しかし、彼らが仲良く映画なんかを見ていても、私はそこまでの時間は無いので付き合えない。
そろそろ付き合いの悪いやつと思われていそうだ。

それでも妙に多国籍でレバノン人やマダガスカル人がいたりして、この間はタジキスタン人が訪ねてきてレバノン人とイスラム教の信仰の深さに関して議論したりしていて面白い時は面白い。

この間はアルコールを飲むか飲まないかで議論していたが、レバノン人のモハメドは相当敬虔なイスラム教徒らしく、アルコールは飲まないし、豚肉以外もきちんと宗教的な処理をされた肉以外は食べない。
しかし水煙草はいっつも喫んでいるから「ストレス溜まってんじゃないのか?」と突っ込まれていた。

タジキスタン人とは私は

「タジキスタンてどこだっけ?」

という話から始まったが、

「あれ?サッカーで日本と同じグループにいなかったっけ?」

とふと思い出して「そうじゃん!」と話があったのはいいが、この間、実は8対0でぼろ負けさせてしまった相手だとすぐにその場でパソコンで検索した為に判明してしまった。川島がやたら暇そうにしていたあの試合だ。

「でもね、そのせいで話題に上がって、タジキスタンが震災の時にたくさん援助のお金を送ってくれたって皆知るようになったんだよ!!」

とフォローしておいたが、

「でもそれは日本がそもそもタジキスタンに援助してくれたからお返しなんだよ。」

と言っていた。それは私も知らなかった。

そんな感じで自宅で割りと引き篭もったような生活にも見えるが、年末は中々楽しく自宅で過ごせそうだ。

山の上の景色

yama.jpg


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。